MEMBERS

黒田育世 Ikuyo KURODA

BATIK主宰 振付家・ダンサー

6歳よりクラシックバレエをはじめる。谷桃子バレエ団に所属しながら97年渡英、コンテンポラリーダンスを学ぶ。00年より伊藤キム+輝く未来で活動。02年にBATIKを設立。バレエテクニックを基礎に、身体を極限まで追いつめる過激でダイナミックな振付けは、踊りが持つ本来的な衝動と結びつき、ジャンルを超えて支持されている。

これまでの主な作品は、02年『SIDE B』、04年『SHOKU』、04年『花は流れて時は固まる』(09年改訂版)、05年『ラストパイ』、07年『ペンダントイヴ』、12年『おたる鳥を呼ぶ準備』、14年『落ちあっている』、15年『波と暮らして』など。カンパニー作品だけでなく、演劇の役者も起用し言葉を用い、09年『矢印と鎖』、10年『あかりのともるかがみのくず』を発表。また、ダンスアンブレラ・フェスティバル、ベネチア・ビエンナーレ、スペイン・サラゴサ万博、シンガポール インターナショナルフェスティバル オブ アーツなど、海外公演も多い。

受賞歴として、02年ランコントル・コレグラフィック・アンテルナショナル・ドゥ・セーヌ・サン・ドニ ヨコハマプラットフォーム「ナショナル協議員賞」、03年SPACダンス・フェスティバル「優秀賞」、03年トヨタ コレオグラフィーアワード「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」、04年「朝日舞台芸術賞」、06年「舞踊批評家協会賞」、10年「第4回 日本ダンスフォーラム賞」、15年「第9回 日本ダンスフォーラム賞」。

カンパニーでの活動に加え、金森穣率いる「Noism05」への振付提供や、舞踏家の笠井叡、演出家の飴屋法水、作家・古川日出男らとの共作、NODA MAPの演劇作品での振付け、映画『告白』(監督:中島哲也)への出演など、ジャンルを超えて活動している。

 

伊佐千明 Chiaki ISA

幼少より戸部有美子にクラシックバレエを学ぶ。RAD取得。木佐貫邦子に師事。桜美林大学総合文化学科卒業。08年より BATIKに参加し、11年より4年間21世紀ゲバゲバ舞踊団でも活動。他、舞台芝居、映画、音楽PV等に出演。

 

大江麻美子 Mamiko OE

6歳よりユニークバレエシアター(現バレエスタジオ HORIUCHI)にてクラシックバレエを堀内完、林かおり に学ぶ。00年に渡米し、DEAN大学ダンス学部を卒業。帰国後、伊藤キム+輝く未来での活動を経て、05年 よりBATIKのメンバーとなる。他にも東京ELECTROCK STAIRS、Dancenorth(オーストラリア)、田畑真希やカスヤマリコとのデュオユニットにも参加。

 

大熊聡美 Satomi OHKUMA

兵庫県出身。幼少からクラシックバレエを杉山聡美、西田多輝子に師事。お茶の水女子大学にてコンテンポラリーダンスに出会う。大学在学中からニブロール、大橋可也&ダンサーズなどの舞台に出演。17年よりBATIKに参加。

 

熊谷理沙 Lisa KUMAGAI

中高で創作ダンス部に所属。立教大学入学後は小学校の先生を目指すためダンスを離れるが諦めきれず卒業間際にコンテンポラリーダンスを始め、その後ダンサーの道へ。今まで様々な振付家の作品に出演。ソロ作品も創作し発表する。伊藤キム主宰フィジカルシアターカンパニーGEROに旗揚げより参加。17年より研修生としてBATIKメンバーとなる。

 

田中すみれ Sumire TANAKA

愛知県出身。4歳の頃より金澤志保バレエスタジオでクラシックバレエを習う。京都造形芸術大学舞台芸術学科卒業。大学では作品づくりも行う。17年よりBATIKに研修生として参加。

 

政岡由衣子 Yuiko MASAOKA

大阪出身。8歳よりクラシックバレエを山本小糸に師事。05~09年に渡蘭し、ロッテルダムダンスアカデミーを卒業。帰国後、向雲太郎、白神ももこ、長塚圭史などの作品に出演。14年よりBATIKに参加。