WORKS

SIDE B

見ること
見せること
隠すこと
見えそうで見えないこと
見えても 見えないこと

自分ですら見ることのできない自分の顔を
さらけ出して生きているという一大事

 

振付:黒田育世
出演:植木美奈子、小田原真貴、椎名五百枝、土井唯起子、花井りかこ、黒田育世
照明デザイン:足立恒
音響: Keiko Sato (operation)
舞台監督:寅川英司
衣装:後藤寿子
プロデューサー:高樹光一郎

初演
2003年2月23日 @横浜ランドマークホール

上演時間
30分

 

Seeing…Showing…Concealing…Almost being able to see, but not quite…Things that can’t be captured even when visible….The crisis of realizing that I’m living with my own face,Which I myself can’t see, barely and publicly exposed…

 

Direction and Choreography:Ikuyo KURODA
Dancer:Minako UEKI, Maki ODAWARA, Ioe SHIINA, Yukiko DOI, Rikako HANAI, Ikuyo KURODA
Lighting Design:Hisashi ADACHI
Sound:Keiko SATO(operation)
Stage Manager:Eiji TORAKAWA
Costume Design:Kazuko GOTO
Producer:Koichiro TAKAGI

Premier
Feb. 23, 2003 @YOKOHAMA LANDMARK HALL

TIME
30min.

 

 

 

SHOKU

この手の先の7割の不快
2割の快
取り残されたあと1割

皮膚一枚に隔てられた内と外
内側を『自分』と感じる事、外側を『自分じゃない』と感じる事の不思議

その境界線に
触れる覚悟、触れられる衝撃
誰も触れない秘密

『触』が導く内と外という、かすかで儚いテザワリを
破壊的に踊る事であぶり出そうと試みる

 

振付:黒田育世
出演:植木美奈子、小田原真貴、椎名五百枝、土井唯起子、花井りかこ、黒田育世
照明デザイン:森島都絵
音響:Keiko Sato (operation)
舞台監督:寅川英司
衣装デザイン:後藤寿子
プロデューサー:高樹光一郎

初演
SOLO VERSION:2002年11月3日 @Theater Zero(Seoul, KOREA)FULL VERSION:2004年8月27-29日 @シアタートラム

上演時間
SOLO VERSION: 40分
FULL VERSION :60分

The seven tenths of disgust at my finger tips
The two tenths of pleasantness
The one tenths that is left out

Internal and External, separated just with a sheet of skin
The unnaturalness of feeling Internal as “me” and External as “not me”

Bracing to touch that boundary, the impulse of being touchedThe secret that no one touches


An attempt to express, through subversive danceThe faint and frail feel of Internal and External derived by Shoku(touch)

  

Direction and Choreography:Ikuyo KURODA
Dancer:Minako Ueki、Maki Odawara、Ioe Shiina、Yukiko Doi, Rikako Hanai, Ikuyo Kuroda
Set Design:Ikuyo kuroda
Lighting Design:Satoe Morishima
Sound:Keiko Sato (operation)
Stage Manager:Eiji TorakawaCostume
Desaign:Kazuko Goto
Producer:Koichiro Takagi

Premier
SOLO VERSION:Nov. 3, 2002 @Theater Zero(Seoul, KOREA)
FULL VERSION :Aug. 27-29, 2004 @Theater Tram (Tokyo)

TIME
SOLO VERSION: 40min.
FULL VERSION :60min.

 

 

 

花は流れて時は固まる

Flowers flow, Time congealsLatest piece

力んだお花の前夜祭

水を見て 鈴の蔦がまとわりついた
肌に触れたら 音が出た
肉花むしり取ってはせっせと指でボトルに詰める

はだかにされて力んだお花
名前が無くなるその時に
真下に光って飛び散れ身体

『今』まっ逆さまに祭りを上げて
『モノ』にするなら

殴るわよ

 

振付:黒田育世
出演:植木美奈子、小田原真貴、椎名五百枝、土井唯起子、花井りかこ、黒田育世
照明:森島都絵
音響:山田恭子
舞台監督:寅川英司
衣装:後藤寿子
プロデューサー:高樹光一郎

初演
2004年3月2日 @パークタワーホール

上演時間
70分

 

Flowers flow and time congealsThe clock goes ticktack, and the present, that was the future, passesinto the past. She has both memories that she is attached to and expectations for the future. Here is her body that is bare and severed from such relations of cause and effect as cherry blossoms bloom and fall. As everything begins to strike a tender chord of the body, it starts to dance ringing.When the body dances away to the limit, there is no longer any sound.There “the present” suddenly appears—the present that never passes away.

  

Direction and Choreography:Ikuyo KURODA
Dancer:Minako Ueki、Maki Odawara、Ioe Shiina、Yukiko Doi, Rikako Hanai, Ikuyo Kuroda
Set Design:Ikuyo kuroda
Lighting Design:Satoe Morishima
Sound:Kyoko YAMADA
Stage Manager:Eiji TORAKAWA
Costume Desaign:Kazuko GOTO
Producer:Koichiro Takagi

Premier
Mar. 03, 2004 @PARK TOWER HALL

TIME
70min.

 

 

 

モニカモニカ

選べない交われない戻れない許されない終われない分からない
それでも嬉しくてまだ止めない
ただただ身体がもげそうで

 

構成・演出・振付:黒田育世
音楽:松本じろ
出演:黒田育世、松本じろ

初演
2005年4月2日 @森下スタジオ

 

Direction and Choreography:Ikuyo KURODA
Music:Jiro MATSUMOTO
Performer:Ikuyo KURODA , Jiro MATSUMOTO

Premier
Apr. 02, 2005 @Morishita Studio

 

 

 

ラストパイ

Last Pie

Noism05「Triple Bill」
「ラストパイ」
構成・演出・振付:黒田育世
音楽&演奏:松本じろ『Last Pie』
装置コンセプト:黒田育世
照明デザイン:森島都絵
衣裳デザイン:山口小夜子
出演:Noism05ダンサー
製作:財団法人 新潟市芸術文化振興財団

上演時間
40分

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Dancers:Noism05
Music&Play:Jiro MATSUMOTO
Set Design:Ikuyo KURODA
Lighting Design/Operator:Satoe MORISHIMA
Costume design:Sayoko YAMAGUCHI
Costume maker:Yukari Nakayama, Makiko Sugiura
Production : Ryutopia Niigata-City Performimg Arts Center

Premier
July. 15, 2005 @ Ryutopia Theater, Niigata

TIME
40min.

 

 

 

ペンダントイヴ

pendanteve

原っぱへの道すがら極上の傷を運びましょう
嫌いになるまで転がりましょう 
今夜私と踊りましょう

罪は深くてダンスは数珠なり

そこの子 根こそぎ持ってきてちょうだい

 

振付:黒田育世
出演:植木美奈子、大江麻美子、梶本はるか、清家悠圭、田中美沙子、土井唯起子、西田弥生、松室美香、矢嶋久美子、黒田育世
音楽:松本じろ、スカンク
音響:山田恭子
照明:森島都絵
衣装:田中洋介
衣装デザイン:後藤寿子
プロデューサー:高樹光一郎(ハイウッド)

初演
2007年3月29日 @世田谷パブリックシアター

上演時間
90分

 

Excerpt from the concept note

Let us carry the supreme scars on our way to the green field
Let’s roll over until we feel it tired and hatred
Let’s dance with me tonight

Sin is deep and dance is prayer beads

Please take that girl away completely

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Performers:10 dancers
Music:Jiro Matsumoto & SKANK
Sound Design/Engineer:Kyoko YAMADA
Lighting Design/Operator:Satoe MORISHIMA
Costume:Yosuke TANAKA
Costume Design:Kazuko GOTO
Producer:Koichiro TAKAGI(HiWood)

Premier
Mar. 29, 2007 @ Setagaya Public Theatre

TIME
80min.

 

 

 

矢印と鎖

chain and allow

5人の、こども時代からのアルバムと拭えない記憶と大切なものと誕生日の思い出と家族のことと夢も、集める。
5人の時間という5本の矢印の上に、刻まれて来た「これまで」とまだ不確かな「これから」、そのドキュメンタリーを、5つ、隣り合わせる。
隣同士で、5つ、寄り添ったり息をのんだり巻き戻したり繰り返したり見つめ合ったりする「今」は、誰かに属するドキュメンタリーという輪郭を溶かし、1つ、状況になる。
輪郭から解放された5の1が、誰かが投影しうる場へと広がれたなら、こども時代のアルバムと拭えない記憶と大切なものと誕生日の思い出と家族のことと夢も、鎖のひとかけとして新しいひとかけと繋がっては、誰かと誰かを隔てる何かを静かに溶かして行くだろう。

矢印には鎖が絡んでいる、鎖は他の矢印を繋いでる、そしていっそもろとも「私」は溶けて混ざりたい。

 

振付: 黒田育世
プロデューサー:高樹光一郎(ハイウッド)

初演
2009年5月8日 @イムズホール(福岡)

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Producer : Koichiro TAKAGI (Hiwood)

Premier
May. 8, 2009 @ (FUKUOKA)

 

 

 

あかりのともるかがみのくず

振付:黒田育世
プロデューサー:高樹光一郎(ハイウッド)

初演
2010年11月9日 @にしすがも創造舎

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Producer : Koichiro TAKAGI (Hiwood)

Premier
Nov. 9, 2010 @NISHI-SUGAMO ARTS FACTORY

 

 

 

おたる鳥を呼ぶ準備

OTARUDORI

振付:黒田育世
プロデューサー:高樹光一郎(ハイウッド)

初演
2011年9月27日 @にしすがも創造舎

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Producer : Koichiro TAKAGI (Hiwood)

Premier
Sep. 27 2011 @NISHI-SUGAMO ARTS FACTORY

 

 

 

落ちあっている

Meeting –Melting

腹の中にいた娘にも体中に染み込んだ父にも、沢山声をかけたけど、
返事が聞こえたことはありません。姿が見えたこともありません。
私に落ち合った二人は夢中だったと思います。限られた時間の中でどれだけ一緒にいられるか。

デュエットでも一つ、踊ってくれないか。満ち足りた気分で。悲しい方はそれは私が踊るから。

二人が出会う直前から始めよう。みんな含めてゆっくり。
私たちは落ち合っている。さざ波に落ち合っている。

子ども達は、怪我だらけの海鳥にお菓子を買った。
優しい。

 

振付:黒田育世
音楽: 松本じろ
音響: 山田恭子
照明: 森島都絵
衣装: コロスケ、ka na ta
プロデューサー:高樹光一郎(ハイウッド)

初演
SOLO VERSION:2014年3月9日 @ Kyoto Art Live Theater International(ALTI)
FULL VERSION :2014年9月4日 @東京芸術劇場 シアターイースト

上演時間:
SOLO VERSION: 30分
FULL VERSION :120分

 

<Full>
Even though I called out many times to my daughter who was in my womb, as well as my father who had soaked into my body, they never answered. I couldn’t even see their outlines.
I believe it was like they were in a dream when they met. How much they could be together in the limited time.
Could you dance a duet by yourself ? Feeling satisfied. I will dance the part of sadness.
Let’s start from just before our encounter, slowly and all together.
We are meeting – melting. Melt into waves.
Children have received sweets from a seabird that was seriously injured. It was gentle.

<Solo>
When I realized that I got pregnant, I felt overjoyed.At the same time, I imagined the other side of the joy. Then ” The Sacrifice” from “The Rite of Spring” started to echo inside of me. What if the baby was not desired? What if I bore the baby alone with no blessing? What if I killed the baby who had saved me from loneliness? What if such misfortune took place one after another?By turning the misfortune that I imagined into a dance, and by dancing to purify thoroughly, I wanted to let it fly away like a bird.

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Performers:Solo / Full= 2 dancers
Sound Derector:Jiro MATSUMOTO
Sound Design/Engineer:Kyoko YAMADA
Lighting Design/Operator:Satoe MORISHIMA
Costume:Corosuke, ka na ta
Producer:Koichiro TAKAGI(HiWood)

Premier
SOLO VERSION:Mar.9, 2014 @ Kyoto Art Live Theater International(ALTI)
FULL VERSION :Sep. 4, 2014 @ Tokyo Metropolitan Theater

TIME
SOLO VERSION: 30min.
FULL VERSION :120min.

 

 

 

波と暮らして

Mi vida con la ola (My Life with the Wave)

演出:黒田育世
振付・出演:柳本雅寛
舞台監督:渡部景介、寅川英司
照明:森島都絵(インプレッション)
音響:Lang Craighill
美術:松本じろ
衣装:萩野緑
宣伝美術:坂本陽一(mots)
制作:佐藤葉月(ハイウッド)
プロデューサー:高樹光一郎(ハイウッド)

初演
2015年7月9日 @両国BEAR

上演時間
80分

 

Inspired by Octavio Paz “Mi vida con la ola”

 

Choreography:Ikuyo KURODA(Masahiro YANAGIMOTO)
Performers: 2 dancers
Stage Design:Jiro MATSUMOTO
Sound Engineer:Lang Craighill
Lighting Design/Operator:Satoe MORISHIMA
Costume:Midori HAGINO
Producer:Koichiro TAKAGI(HiWood)

Premier
July. 7-12, 2015 @ Ryogoku Bear

TIME
80min.

 

 

 

THE RELIGION OF BIRDS

作品タイトル通りの本の中で、鳥の鳴き声を伴って言葉に体重がのしかかっている様、二羽の鳥だけ信仰からはぐれ顛末が語られない様が描かれていること。
このことが私に強く突き刺さりました。踊りの作品にしたいと思いました。
色んなことがどんどん変わっていく中、体から発される動きや言葉から体重が消されることが怖いです。
そして、何の役にも立たないかもしれない踊りを続けていて、社会の歯車からはぐれている心持ちがあります。
踊りが言葉を扱わなくていいと思うにも、踊りは役に立たなくていいと思うにも、私はそれらへの踊りの傷跡が足りません。
そしてそれとは別に今私は祈る踊りをしなければ前に進めません。
祈る踊りの両手の平に肉声と例外を握りしめたいです。

 

演出・振付:黒田育世
出演:伊佐千明、大江麻美子、野村琴音、政岡由衣子、矢嶋久美子、黒田育世
音楽:松本じろ
衣裳:萩野緑

初演
2017年1月28~29日 @仙台市宮城野区文化センターパトナシアター

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Dancers:Chiaki ISA, Mamiko OE, Kotone NOMURA, Yuiko MASAOKA, Kumiko YAJIMA,Ikuyo KURODA
Music:Jiro MATSUMOTO
Costume:Midori HAGINO

Premier
Jan. 28-29, 2017


 

 

 

きちんと立ってまっすぐ歩きたいと思っている

私の頭の中には、踊りたいと創りたいという、血液の固まりがずっとあって、ある日それが取れてみると、ぽかんと空いたその空洞には踊ると創るだけがあって、欲求は空気に変わったのでした。
静かな音楽が首筋を駆け抜けます。

踊り続けることが決まったのは、確かこの子くらいの歳で、その時から私はきっと欲求と空気の秘密を知っていました。
彼女は私の秘密を知っています。カナリアに告げました。
ぴぃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

悪い夢が急に引力を失ってやっと迎えられた夢。
二人できちんと立ってまっすぐ歩く夢。
この子と当たり前に祝祭を踊る夢。
 
カナリアが音楽をここに解き放ちました。
ぴぃ、、、。
私たちは家族になりました。

 

振付・出演:黒田育世
ピアノ・音楽:鈴木優人
出演:関なみこ
原曲:松本じろ
舞台監督:原口佳子(モリブデン)
照明:森島都絵(インプレッション)
音響:牛川紀政
衣裳:萩野緑
墨絵:丸山十志郎
宣伝美術:太田博久
記録映像:関瑠惟
記録写真:関暁
制作:瀧本麻璃英

2016年8月16~17日 @MUSICASA(東京)

 

Choreography:Ikuyo KURODA
Music&Play:Masato SUZUKI
Dancers:Namiko SEKI, Ikuyo KURODA
Music:Jiro MATSUMOTO
Stage Manager:Yoshiko HARAGUCHI
Lighting:Satoe MORISHIMA
Sound Engineer:Norimasa USHIKAWA
Costume:Midori HAGINO
Produce:Marie TAKIMOTO

Premier
Aug. 16-17, 2016 @ MUSICASA